才能無きアフィリエイト

2年で5万円しか稼げない男に成功はくるのか?

サイト開始3ヶ月アクセスがまったく増える雰囲気がない

3月から作成を始めた、健康食品の新規サイトが爆死模様である。

3ヶ月経過した段階で、自分以外のアクセスは1日数PVしかない。

多い時のPVはほぼ自分のアクセスと言える。自宅のパソコンからのアクセスはIPアドレスから除外しているが、外出時のスマホからのアクセスはIPがコロコロ変わるので除外できていないためだ。

 

f:id:geosue:20170610080830j:plain

 

検索順位は狙っているキーワードでは途中までいい感じに上ってきていたが、ここ最近は下降している。

これはちょっと辛いかな。リンクがダメなのか、たまたまなのかは分からない。

おかげで発生はいまだに0を爆進中である。さすがに3ヶ月経過でアクセスデイリー1桁、売上0ではこころ折れるかな。

こんな仕打ちを初心者が受けたら、そりゃーアフィリエイトを辞めるのはよく分かるよ。こんなの耐えられないはな、アルバイトしていたほうがよっぽど稼げる。

 

f:id:geosue:20170610082007p:plain

f:id:geosue:20170610081545p:plain

 

3ヶ月94記事でもダメ

一応3ヶ月で94記事を入れた。

1記事の文字数は1500文字~2500文字ほどになる。記事はすべて外注だけど、商品レビューとトップページに関しては自分で書いている。

これはかなり長期戦になりそうだ、とにかくやり続けるしかない、ここで諦めたら今までと何にも変わらない。

サイトをちょっと作ってみて、アクセスがないから放置、そしてつぎのサイトを作成の繰り返しで屍を作っていた。

もうそんな繰り返しには終止符を打ちたい。アクセスが来なくてもそれなりの自慢できるサイトを作りたい。そんな自己顕示欲がある。

しかし、このまま変わらなければ本当に爆死である。でも今は黙々と作業を続けるのみである。6ヶ月間かけてこの状況が変わらなければ、一旦放置することにする。

 

才能無きアフィリエイター

ホント、自分で思うよ、才能無いなって。

2年半のアフィリエイト生活で得たのはやっと月に10万円の発生&確定である。最高では発生で16万円行ったのにその後はまた落ちていった。

f:id:geosue:20170606203138p:plain

アフィリエイトドリームはまだ蜃気楼の中である。その蜃気楼の中に見える成功の姿は幻なのか現実なのか今は分からない。

しかし、現実がそこにあると思って突き進むしか無いだろう。

一応こんな才能無きアフィリエイターでも少しずつ収益は右肩上がりである。絶対に諦めなければ成功はあると信じて突き進むしかない。

才能が無くても稼げることをここで証明する。日本中にいるであろう明日に悲観して絶望のなか生きている人たちのひとりとして、人生の逆転をここで証明したいと思う。

今月給与の手取りは9万円しか無いけどね、もう数年で50歳に突入するアラフィフがだよ、これ死亡しているよね。

貧困層の道をまっしぐらだよ、借金が膨らむ、胸が苦しくなる。このままでは破産だ、でも負けないアフィリエイトドリーム。

このブログが更新されなくなったら、どこかで野垂れ死にしているかもしれないね。

 

頭のなかで描ける夢は現実にできる

なんかで見たけど、頭のなかで描ける夢は現実になるそうだ。

例えば「結婚したい」と願えば、結婚するために努力をする。女性に声をかけたり、婚活したり、お洒落をして身なりを整えたり、クルマを買ったりと「夢」を手に入れるために自然と行動をするんだ。

それは夢を現実にするために、現実のプロセスを実行するんだ。段階を経て成功へと繋いでいくんだ。

人類はその「夢」を叶えるために努力をして手に入れてきた。だからこそ夢は頭に描いたときから行動をすれば叶うんだ。

しかし行動が無ければ頭のなかに描いた「夢」で終わる。

 

「夢」を現実にするのか夢で終わらすのかは自分次第である。人は現実にならない夢は描かない。超サイヤ人になるという夢を見る人はいない、それは空想である。

夢ではない、現実不可能とだれでも分かるので、本気で超サイヤ人になりたいと思う人はいない。

この様に現実不可能なことは「夢」として見ることは無いのだ、何かの本にも書いてあった。

月まで歩くのが夢とはだれも考えないでしょと。月まで歩くことが現実にできないことは誰でも容易に想像できるし、絶対に無理である。

しかし、月まで行きたいと願った人類はその強い夢で現実を引き寄せた。ロケットである。絶対に実現すると強い意志で考え実行したからかなった「夢」である。

 

「夢」は現実になる、この言葉を胸にアフィリエイトで成功を夢見て、現実の世界で成功に向かって、夢を掴むために行動あるのみである。

必ずや夢を掴むぞ!

 

おしまい。